dm発送を依頼する業者のおすすめの選び方

dm発送 依頼

dm発送はダイレクトメールの略で、目的は商品などの販促案内をするために届けられる郵便物で、きっと皆さまのお宅にも定期的なものや不定期なものを含めて何通も届くことがあると思います。ただdm発送がご自宅に届いても中身を見るものと全くと言っていいほど、見ないものに分かれる方も多いと思います。これは不特定多数に送られてくるdm発送なら現在のご自分には該当しない内容のdm発送も幾つかあることが原因でしょう。また近年はインターネットの普及で電子メールでも同様のdm発送案内が増えております。例えば、企業などではなくても個人レベルでも同窓会などの会を催すときには案内を目的としてdm発送を依頼したいと考えている方もいるかと思います。ここでは、どのようにすればdm発送を発送できるかをご紹介していきます。

確実に目を通されるdmを発送する方法

dm発送しても反応が無い、いうケースは少なくなく、dmは必ず見てもらえるものではないですから、目を通してもらうための工夫が必要になります。手当たり次第に送っても効果的とは言えず、全く興味がないdmが届いてもそのままゴミになります。また女性向けのdmを男性に送っても効果を得られませんし、20代を対象としたdmを50代に送っても無意味です。依頼に肝心なのは興味を持つターゲットに送らなければ意味がないのです。発送のタイミングは週末に届くように送ります。週末は比較的、時間に余裕がある人が多く、月曜日に届いても時間的に目を通せない人も週末なら目を通す可能性が高いと言えます。また目を通した人が行動するためにはタイミングも重要でセール案内のdmがセールの前日に届いては、なかなか行動に移すことは難しくなりますので予定を計画的に立ててもらうには、2週間程の余裕を持って案内することがベストと言えます。

どこにdm発送を依頼するのがベストなのか?

dm発送を依頼する場合にどこに頼めば良いのでしょう。ネット検索しても多くのサイトがあって迷われるかも知れません。ここではdm依頼のポイントについて解説しますが、やはり決め手となる部分でコスト面も大事になります。まずは、あなたがどのような内容のdmを送りたいかを考えます。例えば、内容を届人以外に見られたくないケースでは圧着ハガキを使用するので、他のdm印刷は高くても圧着印刷のコストパフォーマンスが良ければそれが決め手にもなります。また大量枚数を印刷すれば業者も当然、儲かるので必要枚数も重要になります。あとはデザインや発送のタイミングで週末指定になると別途、コストがかかるケースもあります。ただし個別に見積りやメールでのやり取りをする前の段階では、一括見積りのサイトをまず、利用してそこから数社に業者を選定してから個別にやり取りを行えば、時間と労力の短縮に繋がるので、そんな手順をオススメ致します。