おすすめのdm発送を依頼する業者の探し方

dm発送 依頼

dmとはダイレクトメールのことであり、企業などにとっては新たな顧客やリピーターの確保、様々な情報を発信するうえでの重要なツールです。今後dm発送を依頼していきたいと考えている経営者も少なくないでしょう。近年ではネットを利用した宣伝方法も主流となりつつありますが、dmならではのメリットも多く存在します。例えばハガキで送られてくるイメージの強いdmですが、カタログや冊子など伝えたい情報量や大きさを調節することができます。コストの面とも大きく関わってくるため、企業にとっては受け取り手に何を伝え、どのようなレスポンスを期待するのかを予めしっかりと決めておく必要があるといえるでしょう。また、大きさだけではなくカラーやデザインにもこだわることができます。目に留まるか、開封してもらえるかどうかに関わる大切なポイントのため疎かにすることはできません。

郵便局へdm発送を依頼するときのおすすめ

dm発送の依頼といえば、郵便局をイメージする人も多いでしょう。枚数の他にもいくつかの条件が必要となりますが、その点を満たしていることで割引を受けることが可能な場合もあります。例えば郵便局の配達区内が同じで、定型サイズと定形外サイズの郵便で100通以上のdmの発送であれば20パーセントほどの割引を受けることができる制度などです。他にも月間割引としてある一定の量のdmの発送を行うことで割引を受けることができるものもあり、定期的に一定の量のdmの発送を考えている人にとってはおすすめともいえるでしょう。条件の確認が必須となりますが、うまく利用することができればコストの削減にもつながります。また発送料とは別になりますが、ハガキサイズやA5、A4、A3のサイズなどであれば文面の印刷等も受け付けています。郵便局のホームページには詳しい情報も掲載されています。

郵便局へのdm発送の依頼の注意点とその他の選択肢

しかし郵便局でdm発送の依頼を考えている場合、注意するべき点もあります。まず郵便局での送付は重さの上限が決められているため、カタログなど重量があるものを封入する場合には注意が必要です。重さによって料金も変動するため、事前に確認しておかなくてはいけません。他にも書類を提出し承認を受けなくてはいけない点など、郵便局でdmを発送するためには様々な規定をクリアし事前の準備が必要となることも覚えておいたほうが良いでしょう。他の選択肢を考えるのであれば、大手の配送業社はもちろん、dm発送の代行業者の利用もおすすめです。その際には最低枚数やサービスなどに違いがあるため、複数の業者を比較する相見積もりは重要です。ネットでは資料などを一括で請求できるサービスを行っているところもあるため、利用してみるのもおすすめです。